Sense – receptor for iBeacon の利用実例

2014/7/27の「神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科のオープンキャンパスでのiBeacon利用実験」で弊社のアプリ「Sense – receptor for iBeacon」を利用していただきました。『体験!デジタル宝探しをしてみよう!』として案内されています。
アプリックス社製のiBeaconをプロダクトデザイン学科の各所に10個配置し、各iBeaconに関連した動画を見ていただく仕組みです。
iBeaconはプロダクトデザイン学科で製作されたケースに入れてセッティングされています。
「神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科のオープンキャンパスでのiBeacon利用実験」は8/10,8/24にもありますので機会がありましたらお立ち寄りください。

神戸芸術工科大学オープンキャンパスの情報はこちら
Photo 2014-06-12 18 10 40

実は6/15,6/22のオープンキャンパスでもご利用いただいていたのですが調整不足もあってあまりスムースに動画を見ていただけませんでした、7/27にはその点も解決しておりようやく実用になりました。(iOS7.1.2になってOSのバグが解消したというのもありますし。)
Sense の最新バージョン(2014/7/28現在で1.1.1)とiOS7.1.2以降の組み合わせでご利用下さい。

Sense について詳しくはこちら
Sense は既設のiBeaconにもすぐに対応でき、公開前の設定を事前に確認する事もできますのでちょっとしたiBeacon実験にも活用していただけます。

ダウンロードはこちらから
Download_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40